庄川峡・県西部を流れる一級河川の庄川上流部の渓谷。庄川が飛騨山地北部の山々を深く浸食して形成した渓谷で、金屋
から利賀村・平村・上平村・岐阜県大野郡白川村・荘川村まで約100kmにわたる庄川流域一帯。
庄川峡県定公園・小牧ダムの周辺を中心とする庄川沿いの公園。公園内には庄川合口堰堤や小牧ダムなどによる大きな人
工湖が独特の渓谷美をつくり出しており、小牧から大牧までを往復する遊覧船からは新緑や紅葉、雪化粧の山々の美しい
姿が望める。庄川峡は四季折々の豊かな自然の表情を見せる。
小牧ダムから南砺市利賀村の大牧温泉を片道約30分で結ぶ定期便のほか、約25分間で長崎橋まで往復する短時間遊覧
でも運航されている。詳しくは
庄川遊覧船株式会社のホームページを参照願います。
平成26年10月29日の秋晴れ遊覧船やまぶきにて庄川峡を探索しました(3年1ヶ月ぶりに遊覧船に乗船)。

大牧温泉のりば 大牧温泉のりば駐車場 乗船・外国の観光客が大半
遊覧船やまぶき(定員120名・速力9.74ノット) 庄川遊覧船から大牧温泉のりばを
庄川峡遊覧やまぶきにて 庄川峡遊覧やまぶきにて(左側国道156号線)
左手側に小牧温泉乗り場 一級水系庄川左手側国道
庄川峡遊覧より 庄川峡遊覧より
遊覧船より右手側国道156号線 遊覧船より
遊覧船より一級水系庄川に架かる長崎橋 遊覧船より一級水系庄川に架かる長崎橋
遊覧船より望む 一級水系庄川に架かる長崎橋
遊覧船より左側国道156号線 遊覧船より小牧ダムを望む
庄川遊覧船発着場 観光船乗船橋



庄川峡・県西部を流れる一級河川の庄川上流部の渓谷。庄川が飛騨山地北部の山々を深く浸食して形成した渓谷で、金屋
から利賀村・平村・上平村・岐阜県大野郡白川村・荘川村まで約100kmにわたる庄川流域一帯。
庄川峡県定公園・小牧ダムの周辺を中心とする庄川沿いの公園。公園内には庄川合口堰堤や小牧ダムなどによる大きな人
工湖が独特の渓谷美をつくり出しており、小牧から大牧までを往復する遊覧船からは新緑や紅葉、雪化粧の山々の美しい
姿が望める。庄川峡は四季折々の豊かな自然の表情を見せる。
平成23年9月21日に就航の遊覧船クルーズ庄川にて庄川峡を探索(2011年9月23日)。
小牧ダムから南砺市利賀村の大牧温泉を片道約30分で結ぶ定期便のほか、約25分間で長崎橋まで往復する短時間遊覧
でも運航されている。詳しくは
庄川遊覧船株式会社のホームページを参照願います。

新船「クルーズ庄川」・(定員94名・速力10ノット) クルーズ庄川(全長約17.6m・重量19トン)
新船「クルーズ庄川」1階 2階に備えた展望デッキが特徴 1階船内の掲示板
遊覧船より望む小牧ダム湖 庄川遊覧船・やまぶき(定員120名・速力9.74ノット)
庄川峡遊覧・「クルーズ庄川」にて 庄川峡遊覧・クルーズ庄川にて(左側国道156号線)
一級水系庄川に架かる長崎橋 一級水系庄川に架かる長崎橋
庄川峡遊覧・クルーズ庄川にて(左側国道156号線) 庄川峡遊覧・クルーズ庄川にて
クルーズ庄川より望む小牧ダム クルーズ庄川より発着場を望む
クルーズ庄川(アルミ軽合金製の双胴船) 大牧より到着した新船「クルーズ庄川」
庄川遊覧船発着場・前方はクルーズ庄川 大牧温泉のりば
駐車場 大牧温泉のりば正面入口 大牧温泉説明板(写真クリックで拡大)
小牧ダム 小牧ダム表示板 小牧ダム湖


   
                        
 
歴史街道 旧北陸道メインページヘ

資料
地元発行パンプレット・HP及び案内表示板より
富山大百科事典       1994年(平成6年)初版発行  発行所 北日本新聞社